Tokyo Metropolitan
Ohizumi
Secondary School

top
top
top
top
top
top
top
top
top
top
top
top
top

 

 

 適性検査問題について

     平成21年度 適性検査問題(例)
     平成22年度 適性検査実施問題
  new 平成23年度 適性検査実施問題

 適性検査個人得点票の交付について

  new平成23年度入学者決定にかかる、適性検査の得点票を以下のように交付します。

開示期間:平成23年3月1日~平成24年2月29日
       ※上記期間内でも、週休日、閉庁日、学校の休日などは開示できない日があります。
受付時間:午前9時~午後5時
受付場所:本校1号棟1階 経営企画室窓口

※ 開示請求の際に、以下のものが必要となりますので、ご準備の上お越しください。
< ご本人が窓口にいらっしゃる場合>
  ・受検票
  ・印鑑

<保護者の方だけが窓口にいらっしゃる場合>
  ・受検票
  ・印鑑
  ・保護者であることを証明できる書類等
(健康保険証、運転免許証など)

 

練馬地区中高一貫校と大泉高校の募集人数推移予定(平成22年度より)

  東京都立大泉高等学校・大泉高等学校附属中学校   大泉高校
  中等部 高等部  
  1年 2年 3年 4年 5年 6年
1年 2年 3年
H22
3クラス(120人)募集
 
5クラス(200人)募集
7クラス
7クラス
H23
3クラス募集
3クラス
 
5クラス募集
5クラス
7クラス
H24
3クラス募集
3クラス
3クラス
 
5クラス募集
5クラス
5クラス
H25
3クラス募集
3クラス
3クラス
5クラス(2クラス80人募集)
 
×募集なし
5クラス
5クラス
H26
3クラス募集
3クラス
3クラス
5クラス(2クラス募集)
5クラス
 
×募集なし
×
5クラス
H27
3クラス募集
3クラス
3クラス
5クラス(2クラス募集)
5クラス
5クラス
 
H27中高一貫校完成
毎年120名募集
毎年80名募集
 

☆ 中等部では、平成22年度から中学部1年生を3クラス(120名)募集します。中等部の3クラスは、
高等部に進学します。
☆ 高等部では、平成25年度から高等部1年(4年生)を2クラス(80名)募集の予定です。

☆ 一貫校が完成すると、中等部9クラス、高等部15クラス、計960名程度の学校となります。

△top

 

 中高一貫に関するQ&A

1.開校はいつですか?

sikakumark 平成22年4月に開校しました。

2.どのようなタイプの中高一貫教育校になるのですか?

sikakumark 併設型の中高一貫教育校になります。そのほかのタイプは?

3.大泉高校と中高一貫教育校との関係は、どうなるの?

sikakumark 現在の大泉高校の全日制普通科を改編し、教育実績や伝統を踏まえて新しい中高一貫教育校を作ります。

4.中高一貫教育校の中等部は、どこにできるの?

sikakumark 現在の大泉高校の敷地内につくられます。

5.練馬区立の中学校が、中高一貫教育校の中等部になることはあるの?

sikakumark 区立の中学がなることはありません。新しい都立の中等部(中高一貫教育校)ができます。

6.学校の規模はどうなるの?

sikakumark 全体で24学級、全校生徒960名の規模になります。
中等部(1年~3年)はそれぞれ3学級です。毎年3学級(120名)を募集します。
高等部(4年~6年)は各5学級(200名)とし、高等部として2学級(80名)を募集します。

7.いまの大泉高校は今後どうなるの?

sikakumark 母体校である大泉高校は、平成22年から順次学級数が減ってゆき、平成27年度には中高一貫6年制学校が完成します。

8.具体的な計画について知りたいのですが?

sikakumark 平成18年3月に公表されました「練馬地区中高一貫6年制学校 基本計画検討委員会 報告書」PDFファイルにリンクしています。)に基づき、開設準備室が具体的な計画を立案しています。

9.中高一貫教育校の特色ある教育活動とは?

sikakumark 1,言語系・理数系の教科目をバランスよく学び、難関国公立大学、有名私立大学を目指す。

sikakumark 2,情報器機(ICT)を用いた学習指導により、効果的な学習活動を行う。

sikakumark 3,授業はもとより自学自習をサポートし、進学に対応できる実力を養成します。
(自校完成型教育システムと名づけています。)

10.中高一貫教育校の準備に伴い、在校生への影響はないの?

sikakumark 母体校である大泉高校の教育活動はいままで通りとなります。むしろ、中高一貫教育校の母体校として人材を確保し、より充実した教育活動を実践してゆきます。

11.中高一貫教育校の開校に伴う工事はどうなりますか?

sikakumark 中高一貫教育のために、改修工事が予定されていますが、詳細については現在検討中です。母体校の教育活動に対しては、十分に配慮してまいります。

12.定時制はどうなるのですか?

sikakumark 平成22年3月に閉課程となりました。

13.入学のための試験はどうなるのでしょうか?

sikakumark 平成22年度入学者決定(平成22年2月に実施)から、本校で作成した適性検査問題を実施します。

 

△top